パーソナルスペースでキスする方法

恋愛の距離間は「0~45cm」

パーソナルスペースとは、心のテリトリー。
会話する時も人によってある距離感。
その距離感を物理的に表したものです。

パーソナルスペースの距離

・密接距離(0cm~45cm)恋人の距離
・個体距離(45cm~1.2m)友達の距離
・社会距離(1.2m~3.5m)知人の距離
・公共距離(3.5m~)大衆の距離

当てはまりますか?

これが一般的な人の距離間と言われるものです。

つまり、この距離感がわかれば、相手がどれくらい心を許しているのかもわかります。

恋愛だと0cm~45cmの「密接距離」。

恋人にだけ許す空間がこの距離です。

 

キスとパーソナルスペース

キスで着目するのも0cm~45cm(恋人の距離)。

普通、デートの時の距離は15~45cm。(例えば手をつないだ状態)

キスするタイミングは高まっているわけです。

けどなかなかキスできない。。

これはまだ距離を感じているため。

 

キスの場合は0~15cm(恋人の距離)

恋人の距離にも2種類あります。

・近接相(0~15cm)抱きしめられる距離
・遠方相(15~45cm)手で触れられる距離

キスをする場合は、より近い「近接相」の距離が必要です。

つまり0~15cm未満。

これってかなり近いです。

距離感的には、キス前に相手を見つめる時より近いぐらい。

キスをするには、この距離にできる関係性・雰囲気・場所が必要になります。

 

男女による距離の違い

personal-1

パーソナルスペースは男女により差があります。

男は楕円形。(前に立たれるのは嫌い)

女は円形。(前に立たれてもOK)

・男性→パーソナルスペースが広い
・女性→パーソナルスペースが狭い

基本的に男性の方が広く、女性が若干狭いです。

つまり女性の方が心を許してくれやすい傾向です。

 

性格による距離の違いもある

男女の差もありますが、人によっても違います。

性格的な面ですね。

・ネガティブ・内向的→パーソナルスペースが広い
・ポジティブ・社交的→パーソナルスペースが狭い

内向的な人が人と距離間をとりたがるのも、パーソナルスペースが広いため。

 

例えば…スマホの会話で0~15cmの距離

ちょっと強引な話ですが、例えば2人きりの空間。

スマホで何かをしていたとします。

あなたが「これどーするの?」と聞きます。

相手は「どれどれ〜?」とスマホを覗き込んだとします。

top10
相手が好きな人ならドキドキしますよね(笑)

その時、顔は見ないにしても距離が「近接相」になっているためです。

面白いアプリはストックしておく

スマホを使って距離を近づけるのは、自然にできるのでオススメです。
2人で楽しむためには、占いや2人でできるアプリゲームなどが良いです。
スマホに限らず、このような会話で雰囲気を作っていくことでキスのタイミングは増えます。

 

まとめ

キスをするには「0~15cm」になる必要があります。

この距離を作っていくことがキスのタイミングにつながります。

自然にその距離になるためには場所・会話・雰囲気です。

関連記事

ページ上部へ戻る