キスする時の「手の置き場所」はどこが良い?

「手の置き場所」は意外に意識してない

キスの最中の手の置き場所はとても大事です。

初めてのキスでも、長い付き合いのキスでも。

男性なら彼女の腰に手をおき、安心感を持たせるように、相手を包み込むように。

女性なら彼の肩に手を置き、2人の世界に入り、愛を深める為に。

などなど、キスの仕方や相手との距離感・状況でキスの手の置き場所も変わります。

でも多くの人は手の置き場所を意識してないことが多いです。

手の置き場所を相手に感じさせることで、より気持ちよいキスなることもあります。

 

大事なのはテクニックよりもマインド

「次どうしようかな」と考える前に、相手のことを意識しましょう。

好きな気持ちを伝えるキスは、自然と手の置く場所がわかります。

そうすると、自分勝手なキスにならずに,相手との呼吸やテンポがあった気持ちよいキスができます。

それを踏まえてからのテクニックです。

 

キスする際の正しい手の位置

軽いキスをする時は、女性なら肩や腰に手を置くのが良いと思います。

胸に置くのも可愛いですね^^

座っての位置なら、膝に手を置くなど。

軽めのキスなら、そこまで意識しなくても良いと思います。

情熱的なキスをする時は、相手のうなじや耳の下に手を這わしてみると、グッとムードが上がります。

意外と感じやすい場所でもあるので、優しく触ってあげるとより気持ちよくなります。

 

匂いも大事!

キスをする際に感じるのは温もりと相手の匂い。

その時の匂いが良い香りほど、相手の記憶に残ります。

女性にはこの香水がオススメです↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

ほんのりバラのようなフローラルの香りですね。

オスモフェリンという成分が男性の気持ちを高めるそうですよ^^

いわゆるフェロモン香水に属する香水です。

買ってみる価値はあると思います。

 

どうしてキスは気持ちよいのか?

本来、唇に快感の神経は集中していないそうです。

ではなぜ気持ちよく感じるのか?

それは脳イメージからくるものだそうです。

つまり、愛されてると思うイメージ、満足感、安心感、好きな人と一緒になったというイメージが、キスの気持ち良さを増幅させるということ。

女性は特に感じやすいです。

まずはキスは感情の交換と心得て、相手のリズムや息を合わせてみましょう♪

ページ上部へ戻る