【女性編】キスにつながる会話

キスまでの雰囲気作りが上手い女性

好きな男性とキスの会話をしたいけど、自分からするのは恥ずかしい。

そんな場合は、聞き上手になりましょう。

恋愛話が盛り上がれば、男性の方から話してくる可能性が高いです。

男性がリードしやすいようにサポートしてあげると、キスの確率は高くなります。

 

1:人気のない場所で雰囲気を作る

男女問わず、人目につかない場所がキスしやすいです。

男性にキスしたい気持ちがあれば、その場所へと導かれます。

カラオケや自宅、個室居酒屋など(L字型or横並びできる場所)。

個室デートの場合は、キスの準備はしておきましょう。

 

2:彼の会話を聞いてあげる

男性は好意のある女性に対して、自分の話をしたがります。

話が盛り上がれば、恋愛やキス関連の話もしてくるでしょう。

焦らずゆっくり彼の話を聞いてあげてください。

そうすれば、沈黙や視線など、キスするタイミングが増えてきます。

男性が聞き上手な場合

聞き上手な男性は、話しやすいです。
その時は遠慮せずに話してください。
マシンガントークにはならないように気をつけて。
自分の好きな話をしてみてください。

 

3:沈黙で顔を見る

楽しい会話にも「沈黙」はあります。

少しの沈黙時に、彼の顔を見て様子を探ることもできます。

そこでキスできなくても、彼に「キスしていいのかな」と思わせます。

参考:男性のキスサイン

 

4:距離を縮めるキッカケを作る

目標は10cm未満に近づくこと。

女性の場合は自分から近づくより、相手から近づかせる方が良いです。

距離を縮めるきっかけ作りをしてあげると良いと思います。

例えばスマホゲームで隣の方が見やすい状況を作ったり。

手のマッサージの話を持ちかけたり。(エステの話とか)

男性にその気があれば、それっぽい話をするだけで距離を縮めようとします。

 

5:スキンシップ上手になる

あとはスキンシップ。

あざとく見えないためには、ボディタッチを乱発多様しないこと。

関係性を無視して、相手を想う気持ちがないと、すべてあざとく見えます。

「この人は特別」という気持ち。

女友達にするように愛情を持ってしましょう。

相手を誘う一人よがりのタッチより、相手と楽しむ2人のスキンシップ。

相手がボケてツッコミを入れるみたいなナチュラル感。

共感した気持ちで生まれるハイタッチなど。

そんなスキンシップから距離を縮めましょう。

 

6:10cm未満→見つめる

距離が10cm未満で、ある程度スキンシップしている場合。

会話の中で見つめるタイミングが出てきます。

”沈黙”などもそうですね。

見つめる行為はキス前の準備と相手への確認。

男性も間違いなく気づきます。

 

7:見つめる→キス

状況が整えばキスです。

あなたがOKなら、目を閉じてキスを受け入れてください。

参考:男性のキスサイン

 

女性からキスもアリ!

一般的には、キスは男性からリードするもの。

と考えがちですが、女性からのキスももちろんアリ。

特に相手が奥手な男性だと、なかなかできません。

リードされたい場合は、リードしやすいようにしてあげると良いと思います。

例えば、お店選びを提案してあげたり、

参考:彼氏と自然に初キスする方法は「ゆっくり」

 

キステクニック:唇手前で3秒止める

上級テクニックです(笑)

この3秒がなんともいえない緊張感があります。

相手だけでなく、自分の気持ちも高まります。

参考:上級者向け!最高のキステクニック

ページ上部へ戻る