キスの緊張を和らげる方法3つ

キスの瞬間、緊張しすぎない為に

相手との初めてのキスは誰だって緊張すると思います。

ドキドキしながら緊張するキスも良いのですが(笑)

緊張し過ぎて相手の歯が当たっちゃったり、唇じゃないところにキスしちゃったり。

キスするならリラックスして相手と気持ち良いキスをしたいですよね^^

程よく力を抜いて、もう一回キスしたくなるようなキスをしましょう♪

 

キスする時に緊張しすぎない方法

ではどのようにリラックスするかですが、大切なのは感情のコントロール。

以下の方法を使うとリラックス状態に持っていきやすいです。

 

1:自己暗示でイメージしてみる

初対面でも緊張せずにリラックスする方法として、「自己暗示」というテクニックがあります。

一種の自己催眠。

催眠というより思い込むことで現実化する心の変化。

「自分はリラックスしてる」と思うようにすると、不思議と心に余裕ができます。

程よい緊張感で「これからキスするんだ」と思うようにすると、初対面の相手でも余裕を持って接することができます。

これにより、相手もリラックスし、より打ち解けられるようになります。

 

2:口臭などのニオイを気にしすぎない

口臭は良くないです。

けどもっと良くないのは思い込みしすぎること。

特に初キスの場合は気になると思います。

エチケットとして、最低限の口臭チェックをしていたら後はOK!

もしデートでニンニク料理を食べたとしても「におったらごめんね」と相手に伝えてリラックスすることが大事です。

相手も一緒に食事をしてるわけですから、相手もわかっています^^

そうすれば相手も「こっちこそにおったら許してね♪」とお互い気にせずリラックス状態になります。

 

3:緊張するのは最初だけ!と心得る

最初のキスは誰でも緊張します。

そのことを踏まえて緊張を受け入れると自然に落ち着きますよ^^

最初は優しくソフトに。

少しずつ長めのキスをするようにと、慣れていくことで緊張もしなくなります。

逆に緊張するキスを求めるようになります。

真っ白になるくらいのドキドキ感は最初の特別なもの♪と思うようにしましょう。

 

結婚式の「誓いのキス」で緊張しない方法は?

結婚式での「誓いのキス」は、参列者など周りから見守られながらキスというシチュエーション。

今まであまり経験したことのないシチュエーションなので、緊張する人も多くいます。

「誓いのキス」での緊張しすぎないコツは

・ 参列者をきにしすぎないこと
・ 事前の打ち合わせでキスする場所を決めてイメトレ
・ 自分(女性)からいかず、相手(男性)に任せること

 

最後に

キスでのリラックスの仕方は、男性の緊張具合が大きく雰囲気を左右します。

男性が緊張し過ぎると、相手の女性にもその緊張が伝わり、ぎこちなくキスしてしまうこともよくあります。

男性は率先してリラックスできる雰囲気を作りましょう。

女性は男性が緊張していたら、フォローして優しさを伝えてあげましょう。

キスは恋愛において最高のコミュニケーションの1つ。

好きな人と素敵なキスを♪

ページ上部へ戻る