キスマークの付け方と長持ちさせる方法

キスマークの付け方

今までキスマーク付けられたことない、でも試してみたい!

そう思った時は、自分の腕などで練習してみると良いですよ^^

キスマークって簡単に言えば「軽い内出血」なので、唇で吸ってみると意外に簡単に赤くマークがつきます。

これが「キスマーク」です。

これを首にすることにより気持ちよく感じる人もいますね。

首せめられるのが弱い人とか。

 

キスマークの消し方

練習するならお風呂場が1番だと思います。

なぜならキスマークを消す時にも便利だからです。

消したい時は、熱めのお風呂に入って揉んでみて下さい。

よほどのキスマークでない限り、消えやすくなってます。

本格的にキスマークを消したい方法ならこちら

 

キスマークを長持ちさせる方法

キスマークは皮下出血(軽い内出血)なので、これを回復させにくくすること。

キスマーク部分を冷やすことにより、代謝を下げれば普通よりも長引きます。

 

キスマークの付け過ぎは傷害罪になる?

キスマークは言えば、相手へのマーキングでもあるわけで、浮気防止にもつながるということでやりすぎる人もいて裁判沙汰になったこともあるそうです。

つまり「キスマーク=傷害罪」にもなる可能性があるということ。

裁判所はこの事例において、
『胸の周辺に長さ約2.2cm(幅1.2cm)と長さ約2.2cm(幅0.2cm)のふたつの楕円形もしくは偏平状のキスマークをつけており、通常キスマークは4日~1週間で消退するところ、10日間も消えなかった』
として、このキスマークは「傷害」にあたると判断しました。

引用 恋愛jp

実際キスマークの強弱の線引きがあいまいなのですが、

“相手の同意なし”“相手の生理的機能に障害を与える”ことが決まれば有罪になってしまうので、愛情表現もほどほどに(,, ゚Д゚)

ページ上部へ戻る