【part2】海外のキス専門家に学ぶ!キスが上手くなる方法

キスの専門家シャロン・レスターさん

HowtoKiss1

左の女性の方ですね。

今回は、シャロン・レスターさんによるキスのハウツー動画を紹介したいと思います。

 

How to Be the Best Kisser!(キスの達人になろう!)

動画のタイトルは「How to Be the Best Kisser」。

日本語で”キスの達人になる方法”です。

▼Part1でHow to Be the Best Kisser(キスの達人になる方法)の要約をしてます。

とてもナチュラルなので、日本人でも自然にできる方法です。

 

本サイトの方が見やすい!

またYoutubeでも見れますが、本サイトだとまとめて見れるのオススメ!

全部英語で説明していますが、動画を見れば大体理解できますので参考までに♪

▼How to Kiss | Howcast

 

全部で32動画

サイトに飛ぶと、32コのハウツーキス動画が見れます。

下記の方にタイトルがこのようにあります。

1:How to Be the Best Kisser(キスの達人になる方法)
2:How to Kiss Delicately(繊細なキスの仕方)
3:How to Kiss While Making Love(メイクラブ中のキスの仕方)
4:How to Practive Kissing Techniques(キステクニックの練習の仕方)
5:How to Kiss Dirty(淫らなキスの仕方)
6:How to French Kiss(フレンチキスの仕方)
7:How to Kiss like in Gone with the Wind(『風と共に去りぬ』のよううなキスの仕方)
8:How to Kiss to Turn a Guy On(男性のスイッチをONにするキスの仕方)

続く

などなど、興味が湧くタイトルばかりですね(笑)

動画も簡潔に1~2分で説明しています。

英語がわからなくても大体理解できます。

 

キスをする前に口元のケア

キスをする前に大切なことは、口元のケア。

カサカサな唇になっていませんか?

口臭は大丈夫ですか?

キスのテクニックがうまくても、

リップケアや歯みがきを怠っていると全てが台無しになってしまう恐れも(-_-)

口元はしっかりケアしておきましょう。

①:舌磨き・歯磨き

意外に舌の汚れが口臭の原因になっていたりします。

歯ブラシだと舌を痛めちゃうので、舌ブラシで!

バトラーの舌ブラシは柔らかくて舌に優しいく人気あります。

歯磨きも意外にできてなかったりします。

奥歯に汚れがたまりやすい人はワンタフトブラシがオススメです。

②:リップケア

女性用にこんなコスメもありますよ↓

キス専用美容液「NureNure」

コンセプトが「キスしたくなる唇を作る美容液」です(笑)

ラメ系で、質感や持ちの良さが人気です。

乾きやすい唇の人や、潤いをキープしたい人、香りを楽しみたい人に。

種類も色々ありますが、ただちょっと値段が高めですね。

成分を徹底しているからという理由もあるようです。

 

まとめ

キスは愛情表現するための最高のコミュニケーションだと思います。

海外の情熱的なキスからも色々学びながら、

▼Part1はこちら

ページ上部へ戻る